借金まみれの我が人生

多重債務、債務整理(個人再生)、身内からの立替、ブラック(債務整理中)での借入、質入れ(質屋の利用)etc

アドセンス

債務整理 実録 個人再生①(まず始めに)

実録 個人再生①(まず始めに)

更新日:

地獄の使い魔が執筆しております「借金まみれの我が人生」をご覧になって頂きありがとうございます。

 

個人再生について書き始めようと思ってます。

 

なるべく皆さんにありのままを伝えたく、お見せする資料の加工や選定に苦労してますのでゆっくりとなって申し訳ないです。

 

債務整理とはなんぞや??個人再生とはなんぞや??

 

下記の私の投稿をご覧下さい。

 

めちゃくちゃ簡潔ではございますが、書かせて頂いております。

債務整理について(私の場合は個人再生)

 

債務整理を考えた中、色々な所に相談をし色々なところに問い合わせをしました。

 

その中で、親身になって相談にのってくれる司法書士さんと出会いました。

 

大きな事務所ではなく、街中の小規模で個人でされている事務所さんです。

 

どのようにして出会ったかと申しますと、単純にホームページを見ました。

 

今まで、債務整理に関わってきた案件を日記風に記載されたのですが...

 

 

確実に良い人の雰囲気が画面から漂ってました(笑)

 

 

一度、メールで問い合わせをして電話をかけさせて頂いてアポイントを取り、初の打合せでございます。

 

 

緊張しました(笑)

 

 

本当に...

 

まずは事の成り行きを話します。

 

・ギャンブルで借金が増えた事

・年収が低い中、以前の高年収の時にできた借入枠をで借りている事

・どうしたいか

 

30分ほど話しました。

 

そこで司法書士さんが出した結論は...

 

 

個人再生

 

 

ある程度調べていたので、説明の内容はスッと頭に入ってきました。

 

ここで、改めて個人再生とは...

 

調べたらすぐに出てきます(笑)

 

と無責任に投げてはいけませんね(苦笑)

 

様々なサイト様でわかりやすく説明はされておりますが、やはり専門用語が多いので...

 

私も説明します!!

 

でわでわ...下記をご覧下さい。

 

1,まず金額

 

・債務が100万円未満はチャラ

・債務が100万円以上500万円以下は100万円の返済

・債務が500万円超1,500万円以下は債務額の5分の1の返済

(例:600万円なら120万円)

※1500万円以上のケースでも適用されます。

 

2,期間(返済の期間)

 

・原則3年で特例で5年も認められる。

 

3,信用情報等について

(お金を借りる際に「金融事故の有無」や「貸しても良いかの判断」をするために照会する情報です)

 

・CIC・JICC(お金を借りる時に金融会社さんが確認する情報機関)は5年です。(CICは定かではないみたいですが。)

全国銀行個人信用情報センターKSC(こちらは銀行さんがメインで共有されてる情報機関)は10年です。

 

上記の期間は「お金のトラブルがありました」という記録が残ります。

 

ただ、キッチリ一度も遅延もなく支払いを完了すればの話で、遅れたり支払わなかったりすると上記の限りではないです。

 

4,その他

 

・住宅ローンがあってもマイホームが残せる(住宅ローンは個人再生の対象から外せます)

・裁判所での手続きが必要(素人ではまず無理なので、司法書士さん等に依頼します)※そんなに安いものではないです。

・継続的に収入がある見込みが必要

・個人の債務に限る

 

 

ザッと書けばこんな感じかな。

※本当にザッとしてますので、深く知りたい方は自身でお調べ下さい。

 

色々と見た中でも、こちらのサイト様が私の中ではわかりやすいと感じました。

 

教えて個人再生

 

上記のままでは普通なので...私、地獄の使い魔が補足をします!!

 

 

ギャンブルでの債務でもOK!!

 

自己破産では法律上厳しいらしいのですが(認められてますけどね)個人再生は借金の原因による法律上の制限はありません。

 

なんでもOKみたいです。

 

裁判所を通すので官報に載ります。

 

官報...初めて聞いた時は「なんじゃそりゃ」です(苦笑)

 

官報とは政府の決定事項(法律や政令、条約についてや官庁の報告など)や会社法による決定事項が掲載されています。

 

官報の号外→公告→裁判所→破産、免責、再生関係というところを見ると自己破産や個人再生をした人名前や住所が掲載されます。

 

「実際問題ですが誰も見ません。気にする事はございません。」

 

.....とけっこー書かれておるサイト様が多いですが。

 

金融屋さんからそこそこDMきます。

 

主にブラックな方でも貸し付けてくれる金融屋さんですが...

 

闇金らしき方々からもまーまーDMきます(笑)

 

合計20通以上はきたんではないでしょうか...

 

そして、この官報...

 

住所と氏名が載っておりますのは上記で書かせて頂きましたが

 

 

インターネットで気軽に見れちゃいます。

 

 

掲載期間が直近30日間分ですね。

 

合法、非合法問わず債務整理者にも貸し付けてくれるような業者さんはこまめにチェックしているかもです。

 

しかしご安心下さい。

 

このDMはすぐにこなくなりますので。

 

ですが、ご家族と同居で内緒で個人再生をお考え方はお気をつけ下さい。

 

突然、「お金貸します」みたいなめちゃくちゃ怪しいハガキや封書が送られてくので..

 

 

クレジットカードが持てない。

 

 

まぁ当たり前ですが(苦笑)

 

しかし単純にクレジットカードが持てないという事ではなく

 

ETCカード

IC決済機能付きカード(電車に乗る際にピッとするカード)

電子マネー

スマホや携帯電話の分割払い

 

上記の事ができなくなります。

 

 

すなわち、お金の支払いをすべて現金で済ませなければいけません。

 

 

これ..意外に困ります(汗)

 

代替は確かにあります。

 

IC決済機能付きカード(電車に乗る際にピッとするカード)→チャージ式にすれば良い

電子マネー→これもチャージ式にすれば良い

スマホや携帯電話の分割払い→現金で購入する

 

一番ややこしいのはETCカードではチャージ式みたなものがございません。

 

高速道路を利用する際、現金とETCカードでは結構な金額の差がでます。

 

ETCパーソナルカードというものがございまして、2万円の保証金を預けてETCカードを利用するというものがあります。

任意整理や自己破産後にETCカードを利用する方法

どうでしょうか?

 

特別なサービスではなく、当たり前の様にお使いになられてるサービスではないでしょうか?

 

 

ちなみに私は本当に困りました(苦笑)

 

 

補足ですがクレジットカードが使えなくて困ること...

 

 

ネットショッピングの決済です。

 

 

ただ、この問題はデビットカードを使えば問題解決です。

※デビットカードとは代金が銀行口座から即時に引き落とされるカードで、カード記載の会社(VISAやJCB)のクレジットカードが使えるお店であれば、クレジットカードと同じ条件で使えます。

 

身内に内緒で出来る

 

ご家族(両親や奥様、旦那様、兄弟、親戚etc)に内緒で手続きができます。

 

 

何を隠そう私もそうでした(笑)

 

 

何度も借金がバレて、肩代わりもしてもらいってるような私です.

 

多額の借金があって、尚且つ債務整理をしようだなんて...

 

 

言えるワケがございません(苦笑)

 

 

個人再生に関する郵送物も一切来ませんし、連絡がくる事なんてまずないです。

 

ただ一つ気をつけて頂きたいのは、上記にも書かせて頂いてますが可決後にくる金融業者さんのDMだけはお気をつけて下さい。

 

こればっかりはどうしようもできません。

 

 

 

長文になりましたが個人再生の概要についてはこんな感じです。

 

次回からは手続きについて書きたいと思っております。

 

ちなにみにこんな感じの画像処理をするだけなのに、かなり手こずってます...

 

 

ふう....

 

今回も読んで頂いてありがとうございました!!

 

実録 個人再生②(必要なもの)

 

 

-債務整理, 実録 個人再生①(まず始めに)
-, , , ,

Copyright© 借金まみれの我が人生 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.